スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまん中に建てられた、静かな図書館を
舞台に起こる、ほんわかした雰囲気のミステリー短編集。

どことなく「ささらさや」の加納朋子さんを彷彿とさせました。

迫力やらスリルやらを求める人には向かないかもだけど、
休みの日、まったり読むにはいい一冊でした。

鮎川哲也賞を受賞した王朝ミステリー「千年の黙」も
面白そうなので続いて読んでみるつもり。

(東京創元社)

れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまんなかで
森谷 明子
森谷明子 / comments(0) / trackbacks(0)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: http://b-cafe.jugem.jp/trackback/90