スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「ほどけるとける」 大島真寿美
高校を中退した主人公美和がアルバイトをしているのは祖父の経営する銭湯大和湯、そこで起こる出来事や人々とのふれあいを通じてかたくなだった気持ちがだんだんにほぐれていくようすが描かれています。常連の佐紀さんやベテランのタエさん、フジリネンのおじさん・・・大島さんの作品は登場人物がとても生き生きしてるんですよね〜(角川書店)

ほどけるとける
ほどけるとける
大島 真寿美
大島真寿美 / comments(2) / trackbacks(4)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








 こんばんは。
登場人物が素敵でしたねぇ〜♪
私は佐紀さんが好きです。

あんな心の洗濯ならぬ銭湯、ないですかねぇ?
from. ☆すぅ☆ / 2006/09/09 11:40 PM
☆すぅ☆さん、コメント・トラバありがとう。

そうなんですよね、登場人物がほわっと目に
浮かんでくるような物語でした。

あんな銭湯なら行ってみたいです。
from. みりん / 2006/09/10 12:37 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://b-cafe.jugem.jp/trackback/309
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- / 2006/08/19 8:18 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- / 2006/09/09 11:40 PM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- / 2006/10/25 8:32 AM
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
- / 2006/10/27 1:37 AM