スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「天使の梯子」 村山由佳
「天使の卵」の衝撃的なラストから10年・・・

まだ立ち直りきれずにいる主人公とその周辺の人々にも、
再び転機が訪れようとしていました。

大人になったからって、簡単に傷は癒えないと思うけど
新しい一歩が踏み出せたことでいい方向に向かえそうな、
希望のもてる読後感でした。

「天使の卵」を読まなくても、もちろん理解はできるけれど
回想シーンも多いのでやはり読んでおいて正解かも。

今になってみれば著者が続編を書きたかった理由が
なんとなくわかるような気がします。
タイトルを「天使の梯子」にしたわけもね・・・

(集英社)

天使の梯子
天使の梯子
村山 由佳
村山由佳 / comments(2) / trackbacks(1)
スポンサーサイト
- / - / -
Comment








またまたこんばんわ^^
続編は、結構楽しみにしていました。
賛否両論ありますが、私は結構好きです。
歩太と夏姫がどう生きていったのか気になりましたし。
ラストも結構好きです。
from. 苗坊 / 2006/05/30 10:26 PM
>苗坊さま
コメントいただいてたのに放置してて
大変申し訳ありませんでした…(反省)
私もあのラストは結構好きなんです、
「天使の梯子」というタイトルも
いいですよね。
from. みりん / 2006/06/28 3:05 PM
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://b-cafe.jugem.jp/trackback/104
天使の梯子 オススメ! 春妃の死から10年。歩太と夏姫は29歳になった。 お互いが10年前の傷を抱えたまま。 夏姫は8歳年下の慎一と付き合っている。 夏姫は、慎一と付き合ってみて、やっと、春妃の想いを理解できるようになった。 歩太と夏姫と慎一。3人
苗坊の読書日記 / 2006/05/30 10:24 PM