スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「面影小町伝」 米村圭伍
「退屈姫君伝」シリーズの一つと聞いて読んでみました。お仙が主人公なんだけど、シリーズといってもこれだけはかなり毛色が違っていて、ディープというかなんというか・・・この「面影小町伝」を先に読んでいたら、他のは読まなかったかもしれません〜。やっぱりめだか姫が活躍してくれるほうが楽しいし、カラッとしてて私は好きだな。

面影小町伝
面影小町伝
米村 圭伍
米村圭伍 / comments(0) / -
「風流冷飯伝」米村圭伍
先に読んでしまった「退屈姫君伝」とそのシリーズでは謎だった一八について詳しく知ることができ満足した一冊。今回の舞台は四国讃岐の風見藩、江戸の幇間一八と武家の次男で冷飯ぐいの数馬が藩の命運を背負うことになります。この後の流れを知っているだけに、ふふっとニヤけながら読みました。全体に流れる雰囲気がとても好きです。

風流冷飯伝
風流冷飯伝
米村 圭伍
米村圭伍 / comments(0) / -
「退屈姫君 恋に燃える」 米村圭伍
「退屈姫君伝」シリーズ、お正月休みにゆっくり読もうかな〜と思っていたのに、結局は読んでしまいました(寂)…今度はどんな一大事が起こるのか?めだか姫はどんなふうに解決するのか?考えただけで楽しみなのです。
少々下ネタが多いけれどカラッとしているし肩のチカラを抜いて読めるしね。
あ〜、早く続きが読みたいよ〜

退屈姫君 恋に燃える
退屈姫君 恋に燃える
米村 圭伍
米村圭伍 / comments(0) / -
「退屈姫君 海を渡る」米村圭伍
天下の一大事が大好きな退屈姫君、今回もますますパワーアップしていて面白かったです。「海を渡る」というから外国へ行ってしまったのかと思ったけれど、なるほどそういうことだったんですね(謎)めだか姫の奇想天外な事件解決法が楽しくてアッという間に読み終わってしまいました、ドラマ化されないかしら?と熱望しています。

退屈姫君 海を渡る
退屈姫君 海を渡る
米村 圭伍
米村圭伍 / comments(0) / -
「退屈姫君伝」 米村圭伍
五十万石大名の末娘めだか姫は四国の小藩大名に嫁いだものの暇を持て余すようになり退屈しのぎに藩の「六不思議」の謎を解きはじめます。

新妻らしからぬお転婆ぶりを発揮するめだか姫が巻き起こす騒動がとても面白く、姫を取り巻く人々もいきいきと描かれていて時間を忘れて読みふけってしまいました。

この本はシリーズ化されているらしいのでお正月休みにでもゆっくり読みたいところだけど、それまで待てないだろうなぁ・・・というのが正直なところです。

退屈姫君伝
退屈姫君伝
米村 圭伍
米村圭伍 / comments(0) / -