スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
千年の黙、異本源氏物語
う〜、うっとりしながら読めて、とても面白かったです。

第一部は帝寵愛の猫がいなくなった謎の話「上にさぶらふ御猫」。
第二部が源氏物語の「桐壺」と「若紫」の間にあると言われている
「輝く日の宮」を元に作られた「かかやく日の宮」。

2つの謎を紫式部が推理・解決するという斬新な内容なのですが、
全体に雅びなムードが漂っていて、私はすごく好きでした。

この時代に生まれ、リアルタイムで「源氏物語」を読みたかった、
そんなふうにも思わされました。

第13回鮎川哲也賞受賞作(東京創元社)

千年の黙―異本源氏物語
千年の黙―異本源氏物語
森谷 明子
森谷明子 / comments(0) / trackbacks(0)
れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまん中に建てられた、静かな図書館を
舞台に起こる、ほんわかした雰囲気のミステリー短編集。

どことなく「ささらさや」の加納朋子さんを彷彿とさせました。

迫力やらスリルやらを求める人には向かないかもだけど、
休みの日、まったり読むにはいい一冊でした。

鮎川哲也賞を受賞した王朝ミステリー「千年の黙」も
面白そうなので続いて読んでみるつもり。

(東京創元社)

れんげ野原のまんなかで
れんげ野原のまんなかで
森谷 明子
森谷明子 / comments(0) / trackbacks(0)