スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / - / -
「流れる星は生きている」藤原てい
図書館の文庫コーナーでなんとなく借りた一冊だったんだけど、
読み始めたらズルズル(?)止まらなくなってしまった・・・
著者自身が満州からの壮絶な引き揚げ体験を書いたドキュメント。
その他 は行作家 / - / -
「用心棒日月抄」藤沢周平
 石田衣良さんが「三屋清左衛門残日録よりもいい」と
どこかで書いていらしたのが忘れられず、読んでいます。

暮れにはまとめられなかったんですが、昨年に読んだ中で
「三屋清左衛門残日録」は私のべスト3に入っていたし…

この頃長編はなかなか読めないけど、これは連鎖短編集、
あまり重くないので気楽に読めるところもいいですv
その他 は行作家 / - / -
「女性の品格」坂東 眞理子
女性の品格
坂東 眞理子
その他 は行作家 / - / -
「主婦と恋愛」 藤野千夜
日韓共催W杯で日本中がサッカーで盛り上がっていた4年前、夫婦で試合を見に行って知り合った若い女の子や、写真家で近所に住む独身男性サカマキさん達と過ごした主婦チエミの1ヵ月。恋愛に発展しそうで発展しない主婦の揺れる心理や、夫との微妙な関係の変化がリアルに描かれています。

読み手によってホッとしたりもどかしく感じたりするんだと思うけれど、私は主人公に共感する部分が多くありました。

主婦と恋愛
主婦と恋愛
藤野 千夜
その他 は行作家 / comments(2) / trackbacks(3)
「長崎くんの指」 東直子
穂村弘氏とのコラボレーション「回転ドアは、順番に」などで名前は見知っていた歌人、東直子さんの連鎖短編集。「道ばたさん」まではとても面白く読んでいたのだけど「横穴式」がうすら怖い話で夜に読むのが習慣の身にとってはちょっときつかったです・・・表題作「長崎くんの指」は主人公が指フェチで、長崎くんのきれいな指を好きになるのですが、自分もやや指フェチの気があるので共感できる部分も多かったです。全体から伝わってくる雰囲気はなんとなく川上弘美さんに似ているような気がしました。(マガジンハウス)

長崎くんの指
長崎くんの指
東 直子
その他 は行作家 / comments(0) / trackbacks(0)